原状回復

■オーナー・管理会社・法人様のニーズにお応えいたします

マンションはそれまでの入居者が退去した後、原状回復工事が行われます。
これは部屋の借入時まで回復させる工事であり、次の入居者を迎え入れる準備でもあります。
もし「空室がある」という場合、それは何らかの理由でそのお部屋が埋まらないのかもしれません。それは内装が古びていたり、設備が整っていなかったりと理由は様々。

当社はそのような様々な理由をきちんと把握し、最適な原状回復工事を行います。空室対策はもちろん、入居対応・退去立ち会い、トラブル対応、壁紙・床・水回り・水道・電気といった幅広い施工まで、何なりとご相談ください。

◆ 原状回復工事とは?
そこが賃貸物件の場合、入居者が退去した後、借入時まで部屋の状態を回復させる工事が、原状回復工事です。
この工事の内訳には、解体撤去や床工事、天井、内装クロス張り替えなど、あらゆる工事が含まれており、これらの作業を次の入居希望者の内見・入居までに、終わらせておかなければいけません。

場合によってはスピードを求められる工事でもあり、それだけ工事が早く着地すれば次の入居者を迎えるのも早くなります。
工事が長引くと入居希望者を逃してしまうこともあるため、施工品質を維持しつつもスピードを兼ね備えた工事であるということがポイントです。

◆ 原状回復工事のメリット
また原状回復工事は、建物の資産価値向上に繋がります。
経年で劣化してしまった部屋を、また新たに美しい状態に戻すことができ、それは次の入居希望者の目に留まるきっかけにもなります。

マンションはオーナー様や管理会社様からすれば資産であり、建物がある以上、その資産価値を維持し続ける必要があります。
そういった場合に、原状回復工事をぜひご検討ください。適正価格で、質の高い仕上がりを実現いたします。

▼お見積もり・ご相談▼
【お客様専用お問い合わせ番号】 080-8156-1005
※24時間いつでも可、営業電話お断り
【営業時間】 10:00~17:00
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 宇都宮市を中心に栃木県・茨城県・群馬県・埼玉県

一覧ページに戻る